読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆ぐんぐるぱーにゃ☆な暮らし

なんやかんやとたどり着いた、ぐんぐるぱーにゃ。当たり前のようで当たり前じゃない。そんな世界が、目の前に広がっている!ありがとう、そしてさようなら昔のわたし!これから始まる「わたしライフ」をこそこそと綴っていきます~

アブダビで

乗り継ぎのアブダビに到着した。
約12時間も乗りっぱなしだったけど、身体はいつもより元気だ。
いつもなら飛行機ではほとんど寝られないのに今日はしっかり睡眠もとれた。
脚の紐縛りと座席での瞑想のおかげか、今回は脚もむくまず身体も軽い気がする。
でも、6時間のおきに出る機内食のおかげでお腹は少し重い。
食べなきゃいいのに食べちゃう、ご飯。
機内で唯一の楽しみだからこれはもうしょうがない。

昨日敦賀を離れて考えたこと。
このケニア旅について。

決意したというより、なんとなく流れの中で決まっていた。
なんとなく今なのかなぁって人に相談していくうちに、それが現実味を帯びてきて、自分の腹が決まらぬうちに正式発表するはめになった。

私は何をしにいくのか、自分でもよくわからないまま。

仕事を辞めると報告してから約3ヶ月。
この3ヶ月は爆走した。
30という年齢なんか関係なく、きっとここ数年で1番タフだった。
いい意味でよく遊んだ。
そしてよく学んだ。

政治に関心をもち、自分なりに行動してみた。
ありえないと思っていた形で恋をした。
本格的に気功を学び、自分自身と繋がることを知った。
オールナイトで遊んだりもした。
クラブでも踊った。
どれもこれも、これまでの「常識」が嘘みたいに、もうそこには自分の感覚しかなかった。

今回のケニアはどうなるのだろう。
色んな可能性を探ってあれこれ奔走してみたけれど、結局答えは見つからなかった。

というか、それが正解だったんだと思う。

ケニアでのことは、来てみないと分からない。
それよりも、ここに来るまでのプロセスが、もう十分すぎるくらいの意味をもっていた。

ケニアとの関係の中で、初めて母と向き合った。
自分の心と向き合あうちに、全ての原因は母ではなく、心を閉ざしてしまった自分自身にあったのだと気がついた。
私が心を開けば、母も笑うのだ。

生まれて初めて手紙を書いた。
渡した瞬間、母は泣いていた。

「遠くに行って寂しいよ」
「心配させてごめんね」

これが素直に言えていたら、もっと変わっていたかもしれないのに。
でも、ようやく素直に元の母娘に戻れたことは、何より嬉しい。

さあ、これから自分で創り出す人生が始まる。
真ん中の芯はできているから大丈夫。

待っててね、ケニア!!