読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆ぐんぐるぱーにゃ☆な暮らし

なんやかんやとたどり着いた、ぐんぐるぱーにゃ。当たり前のようで当たり前じゃない。そんな世界が、目の前に広がっている!ありがとう、そしてさようなら昔のわたし!これから始まる「わたしライフ」をこそこそと綴っていきます~

あとひと月

久々のブログ更新。

自由に使えていたWi-Fi環境が変わったから、というのもあるけど、今年に入ってからすっかり発信する意力を失ってしまった。

今まで前面に出ていたた外向きのエネルギーとは打って変わって、内向きの感情や思考と向き合うことになったもんだから、最近は体もすっかり弱体化。

扁桃腺は腫れるし、薬を飲んでおさまったかと思えば咳は止まらんし、あぁはやく健康体に戻りたい・・・

そういえば最近は気功もさぼりぎみだから、良い気をしっかり循環さないとなぁ・・・

 

いよいよ帰国までひと月を切った。

これまで突っ走ってきて、私もそろそろ帰り時かなという気はしている。

というよりむしろ早く帰りたい。

帰ってゆっくりお風呂につかりたい。

日本のお米と味噌汁、お漬物。

考えただけでほっこりする。

 

何より、自分のペースで生活をしたくてたまらない。

常に他人と生活するという少しずつの気遣いもまた、ストレスの原因になっている。

 

そんなわけで最近は彼のいる「ゲットー」でほとんどを過ごしているのだけど、ここもまたあまり良い環境ではない。

日光の入らない部屋と、住民共同のトイレ。

水場の整っていない環境。

部屋の中に何やら物音がするなぁと思えば、突然のねずみちゃんとの遭遇。

それでも人は慣れるもんだなぁと、初めてここに来た日を思い出す。

最近ではワンルームの部屋の彼の中でお風呂も覚え、ヌルヌルの共同バスルームでずっこけることもなくなった。

 

彼と出会い、これまで見えてこなかった本当のケニアの姿が徐々に見えてきた。

六回もケニアに来て、もう八年になるというのに、それでも見えていなかったこと。

 

ケニアはお金がある人にとってはいい国だけど、お金がない人には希望はないよ」

 

彼を見ているとその意味が分かる。

頑張っても頑張っても、いつまでも最低ラインの生活しかできないのは、彼が悪いのだろうか。

彼の努力が足りないのだろうか。

 

彼との未来を考える中で、私もそろそろ変わる必要があるのだなと思った。

この数年間、自分なりの道をひた走るなかで、眼はしっかりと養われたと思う。

正しいことなんかない。

自分が正しいと思ったことを、行動するのみだ。

 

残りのケニアの時間は、彼との時間に費やすことに決めました。

膨らませたい未来があるからね。